おねしょ布団の洗い方。臭い対策から干し方、夜中や雨の日の対処法まで

おねしょ布団の洗い方トイレのこと

トイレトレーニング中に子供におねしょをされる。

オムツは卒業したはずなのに、おねしょをされてしまう。

 

これってママならみんな通る道ですよね。

えぇ、わが家の子供も「夜のおねしょもしなくなったから、そろそろパンツで寝ていいかな」とパンツに変えたとたん狙ったようにおねしょをしてくていましたよ(涙)

さて、そんな時に困るのが「おねしょされた布団の処理方法」ですよね。

 

オシッコで濡れた敷布団や羽毛布団をそのまま放置していたら尿臭くなるばかりか、オシッコのシミまでできて最悪なことになってしまいます。

とはいえ、忙しい朝にゆっくり布団を洗っている暇なんてありません。

 

ここではそんなママのために「おねしょ布団の簡単な洗い方・干し方」を紹介します!

 

臭いやシミを防ぐ方法を紹介していますので、世の中のオネショに嘆くママの皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

おねしょ布団の洗い方。臭いを消臭する方法

まず、私が毎回オネショ布団を片付ける時にやっていた方法を紹介しますね。

 

  1. 尿の水分を取る
  2. クエン酸スプレーをかける
  3. ぬるま湯で簡単に洗う
  4. 干す

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

尿の水分を取る

まず大切なのは、いち早く尿を拭き取ること。

この時に便利なのが「紙オムツ」です。

 

オムツの吸収性は抜群。オシッコの水分をグングン吸収してくれます。

 

トレイトレーニング中ならオムツがまだ余っていると思うので、余ったオムツを開き汚れた部分に押し当てて、上から足踏みしてください。

体重をかけるとかなり水分を取り込んでくれますよ。

紙オムツは子供が牛乳を大量にこぼした時の拭き取りに使うのもオススメ!

 

もし、オムツがない場合は「タオル、ペットシート」などでも構いません。

ちなみに私は「古くなったタオル・バスタオル」はハサミで雑巾サイズに切って、「子供がお茶や牛乳をこぼした時の拭き取り用」にしています。

拭き取って捨てるだけなので、とても便利ですよ。

クエン酸スプレーで臭い対策

オムツである程度「オシッコ」を吸い取ってしまっても、繊維の奥に尿が残っているもの。

これが乾いて「強烈な悪臭」が発生するんですよね!

 

が、実はこの臭い「クエン酸スプレー」で驚くほど消臭できるです!

 

というのも、尿の成分であるアンモニアがアルカリ性なのに対して、クエン酸は酸性。

つまり、反対の性質であるクエン酸を吹きかけることで、尿のアルモニアを中和することができるんです。

気になるクエン酸スプレーの作り方は以下の通り。

 

  1. 水200mlに小さじ1杯分のクエン酸を入れ溶かす
  2. できたクエン酸水をスプレーボトルに入れる

スプレーボトルは100均に売られているものでOKですよ。

このクエン酸スプレーを「尿がかかっていた部分」にかけてください。

「少し多いかな?」と感じるくらいかけてOK。

スプレーした後は「紙オムツやタオルなど」で水分を拭き取りましょう!

ぬるま湯でオネショ部分を洗う

次に「水洗い可能な布団」の場合、40℃くらいのぬるま湯でオネショ部分を簡単に洗ってください。

シャワーでジャーと洗い流すと簡単ですよ。

洗い流した後は、またタオルで水分を拭き取ってくださいね。

 

この時、「熱湯」で洗い流すのはNGです。

というのも70℃以上のお湯になると、尿内に含まれるタンパク質が固まってしまい、却って汚れが落ちにくくなるんです。

汚れを効率的に落とすためにも必ず「ぬるま湯」で流してくださいね。

ちなみに私は「お風呂の残り湯」を使って洗い流していますが(翌朝の洗濯物に使うから)、衛生面で気になる人はシャワーで洗い流してくださいね。

 

洗い流した後に「シミ」が目立つ場合は、またクエン酸スプレーを吹きかけてくださいね。

シミがなくなるまで「ぬるま湯で洗う→水分を拭き取る→クエン酸スプレー→水分を拭き取る」を2~3回繰り返します。

 

また、もし「布団を洗う時間がない」という場合は、この部分を省いてもOK。

その場合、クエン酸スプレーをたっぷり吹き掛けてくださいね。

↓↓↓

おねしょ布団は干すだけでもOK?洗えない時の対処法。
おねしょ布団は干すだけでも大丈夫か?洗えない時の対処法をまとめています。子供にオネショされた布団…。仕事が忙しくて洗う暇なんてない!という人はぜひ読んでみてくださいね。

布団を乾かす

晴れている日なら、布団を外で干します。

できるだけ日光が布団に当たるようにして干しましょう(理想は10時~14時の日差しが強い時に一気に乾かす)。

 

この時1~2時間に1回は布団を裏返すようにして、どちらの面もしっかりと乾かすのが布団を清潔に保つコツですよ。

お仕事で布団をひっくり返せない場合は「濡れている面」を日光側にして干しておきましょう。

 

また、お布団を干すときは「2本の物干し竿」を使ってM字干しにするのがオススメですよ。

夜中にオネショされて干せない場合には

また、「雨や曇で外に干せない」「冬場で布団が乾かない」「夜中にオネショされてしまった」という場合は、ドライヤーで乾かすのがオススメ。

(「水分を取る→クエン酸スプレー→ぬるま湯で洗う」までの手順は同じです)。

 

ドライヤーである程度乾かした後は、空いている部屋に布団を広げて干しておきましょう。

 

また、この時、「扇風機、サーキュレーター、エアコン、除湿機、乾燥機」なども併用すると乾きが早いですよ。

というか、乾燥するまで時間がかかると臭いの原因になるので、できるだけ併用して乾かしてください。

もし「布団乾燥機」があるなら、そちらを使ってもいいですね。

除菌スプレーorクエン酸スプレーを吹きかける

もし「布団を干した後なのに臭いんだけど…」という場合は除菌スプレーかクエン酸スプレーを吹きかけましょう。

こちらは「外で干した場合」でも、「室内に干した場合」でも、どちらでも同様ですよ。

 

オススメはクエン酸スプレー。

 

クエン酸スプレーを吹きかけて、自然に乾くまで待ちます。

私の場合、除菌スプレーよりもクエン酸スプレーを吹きかけた方が臭いが取れましたよ。

臭いが取れている場合はスプレーしなくてOKですよ。

オネショ布団を丸洗いする方法

浴槽で布団を簡単に洗う方法

「オシッコの量が多くて布団がガッツリ濡れてしまった」

「何度もおもらしされて、布団が全体的に黄ばんできた」

 

そんなときは浴槽で布団を洗ってしまいましょう。

方法は簡単。

 

  1. 浴槽に40℃くらいのぬるま湯をため、適量の洗剤を入れる
  2. 布団を浴槽に丸ごと入れ、足で踏みつけて布団を「踏み洗い」する
  3. 途中で布団をひっくり返して、再度「踏み洗い」する
  4. 浴槽の栓を抜き、水が完全に無くなるまで「踏み洗い」を続ける(布団の水分を抜くため)
  5. シャワーをかけて、洗剤が出なくなるまですすぐ
  6. 水をためて、適量の柔軟剤を入れる
  7. 足踏みで簡単に洗った後に、シャワーですすぐ
  8. 浴槽のふちに布団をかけて、水分が切れるのを待つ(1時間程度)
  9. 布団を干す

 

ちなみに私は「最初の洗剤で洗う部分」まで「お風呂の残り湯」で行っていますよ。

ただ、衛生面で気になる人はキレイなお湯をためてくださいね。

 

*ただし、家で布団を丸洗いするのには時間も大量も必要です。

「仕事が休み&天気がいい日」に気合を入れて洗うようにしましょう。

コインランドリーを利用するのも手

家で洗うと大変な布団ですが、コインランドリーを利用すると2時間ほどで「丸洗い&乾燥」まで終わってしまいます。

「布団用洗濯ネット」が必要ですが、雨の日でもOKですし、何より自分で洗濯することに比べたら楽ですので、利用してみてもいいですね。

ただし、コインランドリーに出せるのは「洗濯機洗い、タンブラー乾燥の2つが可能な布団のみ」ですので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

コインランドリーで布団を丸洗いする方法は以下の通りです。

  1. 布団を半分に折り、端から丸めて洗濯ネットに入れる
  2. コインランドリーに布団を入れて洗う
  3. 洗濯が終わったら取り出して乾燥機に入れる
  4. 乾燥機で乾燥させる(必ず60分以上乾燥させ、完璧に乾燥させる。湿っていると臭いの原因になります)

気になる料金は、コインランドリーによって異なりますが大体1,000~2,000円。

クリーニングに出すと5,000~12,000円以上かかるのが相場なので、かなりお手頃な値段で洗濯することができますよね。

 

オネショ対策~私はこうしてました~

最後の「オネショ対策に便利なグッズ」や「私が行っていたオネショ対策」を紹介しますね。

防水シーツ

オネショ対策の定番「防水シーツ」です。

シーツならオシッコで濡れたら、そのまま取り外して洗濯機で洗ってしまえばOK!

子供も防水シーツなら「パンツが濡れている感覚」がわかるので、オムツも外れやすくなります。

「トイレトレーニングを早く終わらせて、オムツを卒業させたい!」という人にオススメです。

 

厚手のトイレトレーニングパンツ+バスタオル

「防水シーツを洗うのも面倒…」

 

そんな人にオススメなのが「厚手のトイレトレーニングパンツ+バスタオル」です。

厚手のトイレトレーニングパンツを履き、子供の下半身部分にはバスタオルを敷いておきましょう(できたら2枚重ねて敷けるとベスト)。

これなら子供がオネショしても「パンツ+パジャマ+バスタオル」を洗濯機に入れて洗うだけ。

気にならない人なら「普段の洗濯物」と一緒に洗うこともできますよ。

 

ただし、トイレトレーニングパンツは「4層以上」のものを選びましょう。

幼児ちゃんのオシッコの量にもよりますが、4層以上の分厚いパンツならオシッコをしても布団まで濡れない可能性があります。

薄いトレーニングパンツだと下まで染みてしまうので注意ですよ。

夜だけオムツのままで過ごす

「オネショされた時にストレスで死にそう」

 

そんな人は「夜だけオムツのままで過ごす」というのも1つの手です。

これならオネショされても、オムツが濡れるだけなのでストレスがありません。

忙しい朝でもイライラしないから、子供に当たってしまうこともありません。

 

「あら、オネショしたのね~。パンツに履き替えようか!」

 

これだけですむから私にとっても、子供にとっても一番楽な方法でした。

実は私も最初は「トイレトレーニングをしないと!」とパンツで眠らせていたのですが、最終的にストレスになり「夜だけオムツ」に切り替えたんです(笑)

で、3ヶ月くらいオネショの失敗がなくなってからトレーニングパンツに切り替え、その後さらに3ヶ月くらい失敗がないのを確認してからパンツに切り替えましたよ。

 

大丈夫。頑張ってトイレトレーニングしなくても、子供はそのうちオムツを卒業します。

もし「子供がオムツを嫌がらない&オネショされた時にイライラしてしまう」ということでしたら、思い切って眠る時だけはオムツにしてしまうのも全然ありですよ!

3歳児が急におねしょ!原因と対策は?【成功体験談】
3歳児が急におねしょをするようになったら、ママは心配しますよね。実は私の娘も昼間はオムツも外れてトイレトレーニングも順調だったのに急におねしょが増えた時期がありました。ここでは子供のおねしょの原因と対策を紹介しています。

オネショ布団の処理方法まとめ

いかがだったでしょうか?

オネショされた布団は「気がついた時にできるだけ早く洗ってしまう」というのがオススメ。

そのまま放置してしまうと、雑菌が繁殖して「強烈な臭い&染み」の原因になってしまいます。

夜中にオネショされたときは辛いものがありますが、できるだけ早く処理するようにしましょう。

 

また、トイレトレーニング中は「オネショされてもストレスにならない対策」を事前にしておくのも大切。

もし気にならないようでしたら「夜だけオムツのまま眠らせる」というのもありですよ。

子供にとっても親にとっても一番ストレスがない方法でトレーニングしましょうね。

 

サヤカ

5歳長女、3歳次女、1歳長男の3兄弟を育てる主婦。
社会福祉士、精神保健福祉士。
障がい者施設などで働いていた経験もあり、育児や障害についての情報を配信しています。

サヤカをフォローする
トイレのこと
サヤカをフォローする
3歳キッズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました