子供が野菜を食べないけど大丈夫?5歳まで野菜を食べなかった体験談

子供が野菜を食べない食事のこと

「子供が野菜を食べない」

「野菜だけじゃなくてお魚やお肉も食べない」

「食べるものが極端に偏っている」

 

そんな風に悩むママやパパも多いですよね。

私の娘(5歳)の場合、多少好き嫌いはありましたが工夫しだいで野菜も食べてくれる子供でしたし、私自身ある程度の野菜は食べることができます。

 

が、ママ友の息子さんは野菜を全く食べない子供でした。

唯一食べるのが「じゃがいも」くらいで、他の野菜は一切食べなかったとのこと。

そんな野菜嫌いの息子くんは現在6歳。

今ではある程度の野菜や食べられるようになったとのこと。

 

今回は「野菜を食べないとどうなるのか、野菜嫌いな子供に野菜を食べさせる工夫」についてご紹介します!

 

野菜を食べない子供さん、幼児ちゃんがいるママは必見ですよ。

子供が野菜を食べないけど大丈夫?将来どうなるの?

食べらられるのは3種類。偏食だったAくん

前述した通り、ママ友の息子くん(以下Aくん)は全く野菜を食べない子供でした。

「ピーマン、にんじん、ほうれん草、玉ねぎ、しいたけ、セロリ」といった子供が苦手な野菜はもちろんのこと、「レタス、きゅうり、きゃべつ、トマト」といったサラダ系生野菜もダメ。

ついでにお肉やお魚、卵、豆腐といったタンパク質も食べない。

 

唯一食べるのは「お米、じゃがいも、お菓子、味噌汁の汁だけ」の4種類(ほぼ炭水化物)。

 

集まりでわが家に来た時もオードブルなどには手を出さず「持参したおにぎりとお菓子」を食べていて、野菜嫌いを通り越して偏食の域に達していました。

身長や体重、健康面の影響は?

「そんなに食べないなら、栄養が偏るから健康面に悪影響があるんじゃないの?」

「体の成長が悪くなるんじゃないの?」

 

そう思うかもですが、A君は至って健康そのもの。

身長や体重も同学年の子供より高かったです(6歳で120cm & 20kg以上ありました)。

特に病気がちということもなく、元気に外で遊び回っています。

 

ちなみにある程度の野菜を食べられるうちの娘は5歳で 98cm & 13kg。明らかに小さいです。

 

おそらくですが、子供の成長には「遺伝」の方が深く影響しているのかなぁ、と。

野菜嫌いのAくんのママ&パパは高身長。

ある程度野菜を食べてくれるウチの娘の場合、私と旦那は低身長。

 

野菜嫌いの子供を持つママは「自分のせいで子供の成長が悪い」と感じるかもですが、そこまで大きな影響はない気がします。

とはいえ、「もし野菜も食べていたら将来175cmまで伸びていた身長が172cmまでしか伸びなかった」といった微妙な影響はあるかもしれませんね。

 

ちなみにAくんの場合、知的な成長もごく普通。

5歳上にお姉ちゃんがいる分(?)、お絵かきが得意だったり、ひらがなやカタカナを書けたりとむしろ賢い方でしたよ。

Aくんのお母さんがとった対応

Aくんのママも最初は「どうにかして野菜を食べさせよう」と色々と工夫したそうです。

野菜を細かく刻んでみたり、野菜ジュースを飲ませてみたり…。

でも、何をやっても、細かく粉砕された野菜の粒を見つけた時点でダメ。

 

「嫌ー!食べない!!」

 

と大声で泣き叫んで暴れるようになり…。

しかも苦労して作ったご飯も毎回食べてもらえない。

悲しさやきつさが限界になり、途中から「そのうち食べるようになるだろう」と割り切って好きなものだけ食べさせるようにしたんだそうです。

 

Aくんが野菜を食べるようになったキッカケ

そんな感じで2~3年「ごはん、じゃがいも、お菓子、味噌汁の汁」だけを食べて育ったAくん。

ところが、とあることがキッカケで野菜を食べるようになりました。

 

そのキッカケとは…幼稚園入園!

 

そうです、幼稚園です。幼稚園では「お弁当 or 給食」がありますよね。

そして、周りの子供達は毎日美味しそうに色々なメニューを食べるワケです。

そうなると、Aくんも段々と「ごはん、じゃがいも、お菓子以外」も食べられるようになったそう。

 

さすがに「全部、幼稚園や保育園任せ」はダメですが、今現在「子供が野菜を全く食べない」と不安になっているママは深呼吸して、肩の力を抜いてください。

特に2~4歳の子供の場合、味覚が発達して「一時的に野菜嫌いになっている」という可能性もあります。

そういった子供に無理やり食べさせようとしても逆効果で、さらに野菜が嫌いになってまいかねません。

 

「離乳食では野菜を食べたのに、急に食べなくなった」といった子供の場合、年齢が上がるにつれてまた段々と食べられるようになりますよ♪

野菜を食べない子供に食べさせる工夫

ちなみにわが家の娘は「野菜は嫌いだけど、工夫したら食べることができる」という子供でした。

娘が食べやすかったメニューを少しだけ紹介しますね。

カレーやシチューと一緒に煮込む

子供はみんな大好きカレー。

白菜、大根、じゃがいも、人参、ピーマン、ほうれん草、玉ねぎ、かぼちゃ…

こういった野菜は切り刻んで圧力鍋に入れてグツグツ煮込んでしまいましょう。

 

圧力鍋でクタクタに煮込んでしまえば、大抵のものは食べてくれます。(うちの娘の場合)

 

ちなみに「圧力鍋で煮込んだだけではダメだった」という子供の場合、ブレンダーで形がなくなるまで粉砕してしまいましょう。

多少栄養価は落ちるかもですが、食べないよりはマシです。

気にせず粉砕&煮込みましょう!

 

*食感が気にならない子供ならキーマカレーでもいいですね。また、ハンバーグに入れ込むのもオススメです。

ホットケーキミックスに入れる

うちの娘はパンが大好き。

なので、ほうれん草や人参、じゃがいも、玉ねぎなどは一度茹でてから(面倒ならレンジでチンでOK)、切り刻んでホットケーキミックスと一緒に焼いてあげると比較的食べてくれました。

(ホットケーキとして焼いてもいいし、蒸しパンやマフィン的なものにしてもOK)

 

お好みでチーズやウィンナーを入れるとさらに効果的。

けっこう美味しいので、試してみてくださいね。

納豆と混ぜる

納豆好きな子供なら、納豆と混ぜてしまうのもあり!

納豆って味が濃いので、意外に色々な食材と合いますよ。

オススメは「オクラ、長芋」ですが、「もやし、キャベツ、レタス、ネギ」などもOK。

みじん切りにして和えるとけっこう何でも食べてくれます。

味噌汁のスープだけでもOK

もし「固形になると食べられない」ということでしたら、「野菜をたっぷり入れた味噌汁のスープだけ飲んでもらう」という方法でもOK。

野菜を煮込んだスープには野菜のエキス(ビタミンや食物繊維)がたっぷりと含まれているんですよ♪

野菜100%ジュース

また、野菜スープもダメなら「野菜ジュース」でもいいでしょう。

最近の野菜ジュースは質がいいですので、下手な食事よりも栄養が含まれています。

少々値段は高くなりますが、元々野菜は高いので割り切ってしまいましょう。

 

↓こちらの記事もオススメ↓

3歳児がご飯を食べない理由と対策。うちの子供が食べるようになったきっかけは…
3歳児がご飯を食べない理由と対策をまとめています。ご飯を食べる量が少ない、時間がかかる、偏食がある、遊んでいて食べない…。そんなママたちの悩みと子供がパクパク食事を食べてくれる対処法をまとめてみました。うちの子供が効果があったのは…

子供が野菜を食べないとどうなる?まとめ

子供が野菜を食べないとママは心配ですよね。

特に2歳、3歳、4歳ごろは味覚に敏感で野菜嫌いになる幼児ちゃんも多いです。

幼稚園や保育園に入園すると給食で自然と食べられるようになる子供も多いので、もう少し様子をみてもいいと思いますよ。

 

ただし、「野菜以外のおかずやご飯も全く食べない」「子供が全く身長や体重が伸びない」「いつも不機嫌そうだ」といった他に気になる症状があるなら早めに病院や市役所の子供相談室などに相談してくださいね。

それから、偏食の他にの「目が合わない、言葉の発達が遅い、明らかに育てにくい、異常なほど何のこだわりがある」ということでしたら、発達障害の可能性もあるかもしれません。

一緒に以下の記事もチェックしてみてくださいね。

3歳児でしゃべらないのは発達障害?社会福祉士が経験をもとに解説!
3歳になる子どもがしゃべらない・言葉を話さない。もしかして発達障害なの?実は私の娘も3歳の時点で言葉があまり出ない子でした。この記事では「喋らない子供と発達障害の関係性」について解説しています。
サヤカ

5歳長女、3歳次女、1歳長男の3兄弟を育てる主婦。
社会福祉士、精神保健福祉士。
障がい者施設などで働いていた経験もあり、育児や障害についての情報を配信しています。

サヤカをフォローする
食事のこと
サヤカをフォローする
3歳キッズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました